NONEを安く買うには?

 

NONEを安く買うには?

 

NONEを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、NONEを底値で買う方法を紹介します!

 

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになってしまうことも。。

 

簡単なので是非実践しましょう!

 

NONEの最新目標値引き額と2018年12月の値引き動向

NONEの最新値引き動向

 

12月のNONEの値引き動向は、先月から若干拡大傾向です。12月は年末商戦に入るため、ディーラーでも新車の販売に力を入れてくる時期です。12月登録が可能な車両があれば、NONEの限界値引き達成も不可能ではありません。

 

12月にNONEを契約するなら、ディーラーオプションからの値引きを含め、値引きの合計20万円以上を目標に値引き交渉しましょう。

 

NONEは2011年発売のモデルなので、サイクルで考えるとモデル末期と言えます。今後NONEの値引きは拡大して、割安な値引き金額で推移して行くでしょう。

 

ダイハツのムーヴキャンバスやキャストスタイルを引き合いに出せば、NONEの値引き交渉で有効です。「ダイハツのムーヴキャンバスが気になるが、思い切った値引きが出るならNONEも検討したい」とやるとさらに値引きを引き出せるでしょう。

 

また、ダイハツからミラココアの後継車「ミラトコット」が発売されました。女性ユーザーを意識した内容ですが、個性的な軽自動車と言う事でNONEと競合するでしょう。値引き交渉では新型車のミラトコットも引き合いに出すと、効果的です。

 

スズキならアルトラパンやハスラーとの競合が有効です。NONEのターボグレードならアルトワークスとの競合が効果が大きいでしょう。

 

NONEの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

 

今月(2018年12月)の車両からの目標値引き額17万円+オプション15万円からの値引き3万円総値引き20万円が合格ラインになります。

 

以下の値引き交渉術を実践すれば、NONEの実例値引き額並みかそれ以上の値引きは可能になります!

 

実際にNONEを購入した方の実例値引き額を掲載しています。NONEの目標値引きの参考にしてください。

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけNONEが安く買えると言うことになります。

 

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

 

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

 

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

 

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

 

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これは非常にもったいないですね。

 

ディーラー下取りで損してる!?

 

ディーラーの下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

 

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

 

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

 

おすすめは下記の買取店です。ネットでもおおよその相場が分かります。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 


地元の中小買取店が登録している査定比較.com(ズバット車買取)です。中小買取店は買取した車をオークションへ転売するだけでなく、自社で直接販売するお店が多いため、オークションに掛かる経費(中間マージン)を節約できる事から、高額査定が可能です。

中小買取店の名称例画像

 

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

値引きに適した交渉時期

NONEの値引きに適した交渉時期

 

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

 

この中で特に値引きが大きくなるのは決算期です。

 

決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。この時期は特別な値引きも珍しくありません。

 

もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

 

これらの時期に新車を買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう!

 

 

NONEの納期は?2018年12月現在

 

NONEの納期は?

 

NONE納期:1~2ヶ月

 

グレードによって異なりますが、NONEの納期は現在標準的な納車期間となっています。

(2/下旬契約→5/末納車)

競合車の設定

競合車の設定とディーラーリストアップ

 

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「NONEか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

 

NONEの競合車からリストアップして、NONEと迷っている、と商談していきましょう。

 

またディーラーを経営する法人が異なれば、ホンダディーラー同士の競合も可能です。同地域のホンダ同士の競合に加えて、可能であれば越境して隣県のホンダと競合させましょう。

 

県が違えば基本的に経営する会社も異なるので、競合が可能になります。ホンダのHPで経営の異なるディーラーを調べて、同士競合させましょう。

ディーラーをリストアップ

上記の競合車やNONEのホンダディーラーをリストアップして、各ディーラーに訪問してみましょう。

 

多くのディーラーと商談する事により、「値引きしてでも売りたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業マンに当たる確率が高くなります。

ディーラー初回交渉

ディーラー初回交渉

 

初回の交渉では具体的な値引き額について触れる必要はありません。「値引きは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見てみましょう。

 

それに対して「決めてくれるなら頑張りますよ!」とか、「値引きは一律いくらと決まっています」などの反応があるでしょう。その反応を見て、今後の交渉の参考にして行きます。

 

・出来るだけ多くのディーラーと商談する
・その車種が本命かどうかは伏せておく
・他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
・予算を聞かれても具体的な金額は言わない
・下取り車があれば査定してもらう(2回目交渉時でも可)
・初回の商談は短時間でOK

2回目交渉

ディーラー2回目交渉

 

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

 

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。

 

そうして出た条件をNONEにぶつけて、値引きを引き出します。

 

基本は、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。そして、限界付近の値引き額を引き出します。

 

と言っても難しい話術は必要ありません。「どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

 

NONE同士の競合は交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

 

・競合車の条件を元に、NONEへ値引きの上乗せをお願いする
・どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
・NONE同士の競合はまだ控える
・ディーラーオプションからは20%前後の値引きが狙える
・ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

ダメ押し交渉

ダメ押し交渉

 

二回目以降の交渉である程度NONEから値引き額を引き出したら、同士競合に切り替えます。


一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

 

「自分はハスラーに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、NONEにしようと言う事になりました。

 

でも自分はハスラーにまだ未練があります。ハスラーを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のホンダでも商談しました。

 

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)


これをそれぞれのホンダで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求して見ます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。


「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると良いでしょう。


また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

 

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺して契約となります。

 

・ある程度値引きを引き出したら、NONE同士の競合に切り替える
・競合後、狙いを絞ったディーラーへハンコを武器に最後の交渉
・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
・数万円程度の用品無料サービスなら最後に通りやすい
・車庫証明や納車費用のカット、端数切捨てなども最後に要求
・ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

NONEを誰よりも安く買う最終段階

 

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

 

そこで最後に複数の買取店に査定してもらえば、さらに金額の上乗せが期待できるでしょう。

 

もしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにNONEを安く買える事になりますね。


そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を買取店に売ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えます。

 

契約を盾に申し出ればまず了承してもらえるので、これで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

 

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

 

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

 

カービュー「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

 

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

 

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

 

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

 

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

 

以上がNONEを限界の底値で買うための方法です。

 

何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、簡単に数十万円NONEを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでNONEを購入しましょう!

 

 

値引きが少なくて新車が高いなら新古車や未使用車もあり

 

どうしても値引きが少なくて予算オーバー。。。 そんな時は新古車や未使用車がおすすめです。

 

走行距離をほとんど走っていない登録しただけの未使用車や、走行5000キロ以下の新古車なら、ある意味新車感覚で乗る事ができます。

 

しかも新車よりもかなり割安で乗れるのが一番のメリットですね。

 

ただ、割安に販売している未使用車や新古車は、やはり人気がありすぐに売れてしまう事が少なくありません。

 

そんな時ガリバーのクルマコネクトなら、中古車市場に出回る前の非公開車両を優先的に紹介してくれるので、お得な新古車を逃してしまうリスクを防げます。

 

しかも、やり取りは電話ではなくチャットのみで完結できるので、スキマ時間にやればOK。時短になりとても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件を伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>クルマコネクトで中古車を探してもらうならコチラ

 

 

NONEの乗り出し価格(総額)は?

 

グレード

NONE G

 

車両価格(消費税込)

1,278,960円(メーカーオプション込)

 

メーカーオプション品名

プレミアムホワイト・パールII、あんしんパッケージ

 

ディーラーオプション名

フロアカーペットマット、ドアバイザー、デジタルTV用 フィルムアンテナ、ベーシック インターナビ VXM-164VFi ナビスペ用、ナビ取付アタッチメント

約201,074円(工賃込み)

 

諸費用(税金・登録ほか)

約106,270円

 

NONE車両値引き(2018年12月1日目標値)

▲170,000円

 

ディーラーオプション値引き(20%引き)

▲40,000円

 

NONE乗り出し価格(総額)

1,370,000円(端数カット)

 

NONEを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

 

NONEを残価設定クレジットで買うと値引きが多くなる!?

 

もし残価設定ローンでNONEの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

 

5年後のNONEの残価と買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

 

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでNONEを購入するケースが増えています。

 

ホンダ残価設定クレジット

 

見積もり例はフリードですが、3~5年後の残価を設定して、その残価を差し引いた金額を毎月支払う事になります。

 

残価設定型ローンは「頭金がなくても月々の支払額を抑えながら新車のNONEに乗れる」人気の購入方法になっています。

 

以下で残価設定クレジットのメリット・デメリットを紹介しましょう。

 

 

残価設定ローンのメリット

 

NONEの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③銀行ローンに比べて契約手続きが楽になる
④通常のディーラーローンよりも金利が低い
⑤NONEの値引きが多くなる

 

「そろそろ車を買い替えたいけど頭金がない・・・」、「手持ちの頭金だと月々の支払が厳しいなぁ・・・」というとき、この残価設定ローンを使うことで、毎月の支払額を無理なく返済することができます。

 

なので予算の都合で新車のNONEを諦めていた人でも、新車に手が届くチャンスがぐっと広がるのです。

 

そして金利が通常のディーラーローンよりも低く設定されているのも嬉しいですが、さらに嬉しいのは残価設定ローンを組むことでNONEの値引きが多くなる事なんです。

 

 

残価設定ローンのデメリット

 

NONEの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料は高い
②走行距離等が規定より多ければ残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はNONEを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

 

デメリットとしては、残価を含めた総支払額に対して金利手数料を支払わなければならないので、金利手数料の負担は多くなってしまいます。

 

ただし残価設定クレジットの金利手数料は低めに設定されているので、そこまで大きなデメリットと感じることはないでしょう。

 

しかし、上記③と④については実はほとんどの人が誤解をしている点なのです。

 

残クレを使いローンを支払っている最中でもNONEを売ることは出来ますし、ローン終了後はホンダディーラー以外の所へ売ってしまう事も可能なのです。

 

 

残クレが終わったらNONEをディーラーへ返さないとダメ?

 

実際に残クレを利用している人でも「ローンが終わる時にはホンダディーラー返さなければ・・・」と思っている人が多いと思いますが、実はホンダディーラー以外の買取店へ売る事も出来るのです。

 

ホンダディーラーへ返すと、良くて残価設定額での引き取りになり、残債が消えてプラマイゼロとなります。

 

もっと高く売れないの

 

しかしホンダディーラーが残価で引き取れるNONEは、買取店でも高値で買い取ってくれる状態なのです。

 

買取店に査定してもらい残価よりも高値が付けば、そのままNONEを売る事が出来るのです。

 

 

残価設定ローンの途中でもNONEが売れる!

 

よく誤解されているのは、「残クレを利用してNONEを購入するとローンが終わるまで新しい車に乗り換えることが出来ない」という点ですが、実はこれも間違いなんです。

 

残価設定型ローンを組んでいる最中でもNONEを売ることは自由です。

 

また途中で売ってしまうには、「ローンの残りを自腹で一括返済しなくては・・・」と思う人も多いですが、実際は売却先の買取店が、名義変更や買取金額でのローン清算など、手続きを無料で代行してくれるので、一括返済するための現金を用意する必要はありません。

 

ただし、残クレ利用中にNONEを売却する際に気を付ければいけないのは、ローン残高です。

 

ローン残高をよく確認したら思ったより残っていた・・・という場合は、買取価格がローン残高を上回ることが出来ないケースもあるので、残クレ利用中にNONEを売却する際は、クレジット会社に「一括返済した場合のローン残高」を確認しましょう。

 

 

NONE残価設定ローンを売却時までシミュレーション

 

NONEの人気グレード、G・Lパッケージを5年の残価設定クレジット(残クレ)で購入したとしましょう。

 

ボディカラーはリセールにも強いプレミアムホワイトパールⅡとナビ装着スペシャルパッケージのメーカーオプションに、バックカメラ、ETC、フロアカーペット、ドアバイザーのディーラーオプションを付けて、5年の残価設定型クレジットで購入した場合の支払いシミュレーションです。

 

グレード名 NONE G・Lパッケージ
総支払額(値引き22万円) 1,512,000円
頭金(諸費用分が必要) 0円
5年後の残価 377,056円
残クレ月々の支払額(60回) 初回27,148円
22,000円×58回
最終回377,056円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
377,056円

5年後ディーラーへ返却

±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
5年後のNONEの買取相場
450,000円
5年後買取店へ売却 450,000-377,056=72,944円
7万円が手元に残る

※NONE新車購入時の値引きは残価設定ローンの方が値引き額を多く出来るので、通常より値引き額は多めで試算しています。交渉次第ではさらに値引きの上乗せが可能です。

 

残価設定ローンの走行距離や内外装の規定を守って乗っていた場合、ホンダディーラーは5年後にあなたのNONEを残価の37.7万円で引き取ってくれます。

 

しかし、NONEの中古車相場を見てみる、とホンダディーラーが残価分で買い取ってくれる状態の良いNONEなら、およそ45万円もの値が付くのです。

 

買取店へNONEを売れば、約7万円もの差額があなたの手元に戻ってくることになります。

 

5年後のディーラーと買取店の差

 

7万円あれば、次に購入する車のオプションをちょっと増やしたり、贅沢な外食も出来てしまいますね。

 

また、残クレでNONEを購入する事で、新車の値引き枠が通常よりも拡大します。

 

ユーザーが残クレでNONEを購入すると、ディーラーは数年後の買い替え需要も期待できます。

 

またクレジット会社よりローン契約のマージンも入るため、ディーラーは通常よりもNONEを値引き出来る状況となります、

 

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、残価が270万円でした。

4年後の査定は?
ディーラー→本来260万だが特別に270万円
買取店→320万円

その差50万円で買取店に売れました!

 

残クレ終了時や途中でNONEを売る場合でも、ディーラーだけでなく買取店にも査定してもらわないと、大きく損してしまうでしょう。

 

 

残価設定クレジットに有利!高く売れるNONEの条件は?

 

高く売れるNONEの条件は?

 

同じNONEでも、グレードやボディカラー、メーカーオプションなどで下取り金額は大きく上下します。

 

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されていません。

 

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もあります。

 

反対に人気色や人気グレード、人気オプションなら、上記の通り買取店の方が高くなります。

 

ここでは売る時に有利になるNONEの条件を紹介します。

 

NONEで高く売れるグレード

1位 プレミアム

2位 プレミアムツアラー

3位 プレミアムツアラー LOWDOWN

4位 GLパッケージ

 

4WD

高く売れるボディカラー

プレミアムホワイトパールⅡ、クリスタルブラック・パール

高く売れる装備

ナビ、あんしんパッケージなど

 

NONEでは「プレミアム系」の買取相場が、他のグレードと比べて高い傾向です。

 

NONEのボディカラーでは、プレミアムホワイトパールⅡ、クリスタルブラック・パールが中古車で人気色となっており、リセールバリューを優先するなら上記2色がおススメです。

 

また、その他の色もホワイトパールやブラックパールほどではありませんが、プラス査定が期待できます。しかしシルバーだけは他色と比べて買取金額が落ちるので、避けた方が無難でしょう。

 

流通数が多くないため、需要の方が勝る4WDも高額査定が期待できます。

 

オプションでは、純正ナビや同等機能の付いた社外品ナビ、自動ブレーキが含まれる「あんしんパッケージ」が付いていると、元は取れませんが数万円~のプラス査定となります。

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、NONEを残クレで購入もあり!

 

残クレを利用してNONEを購入するなら、ディーラーからの値引きを最大限に引き出して、お得にNONEを購入しましょう。

 

またローンの終了時が近づいてきたら、ホンダディーラーへ返却する前に必ず買取店で査定を依頼しましょう。

 

ホンダディーラーが残価で買取れる状態のNONEなら買取店がさらに高値であなたのNONEを買い取ってくれる可能性がとても高いです。

 

残クレのメリットやデメリットを理解して、自分に合う購入方法なら利用しても良いでしょうね。

 

ただし、事故修復歴になると、NONEを売却する時に残価設定額を上回れず、追い金を負担する事になるので、日頃から安全運転を心がけましょう。

 

 

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

PR

PAGE TOP

copyright©2012-2018 ホンダ NONEを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com